Road to Nabeaure

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
小売り業/小売り業
from なるほどキーワード
PTYP近況&保育園
from camino de Park..
自己資金
from ブログで情報収集!Blog-..
特別金利キャンペーン申し込み
from Airplayブログ
北仲通北地区再開発計画
from ITアーキテクトのTalie..
横浜開港祭(第25回)〔..
from ブログで情報収集!Blog-..
世界文化賞受賞記念講演会..
from 弐代目・青い日記帳
京都議定書を風力発電と音..
from 京都議定書を風力発電と音楽で..
[2005年10月08日..
from lines
あっ!と縁日…。
from olatlogue
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

C街区(その1)

ポートサイドの街区シリーズ第三弾はC街区です。C街区はC-1からC-4までの4つの地区からなっています。

C-1街区には現在ベストブライダルの結婚式場、「アートグレイス・ポートサイドヴィラ」があります。ここは平成13年11月にオープンしましたが、土地は10年間の定期借地権です。参考までに同社の平成16年度有価証券報告書によると、土地面積は2,965㎡(0.3ha)、年間賃借料は約5,000万円、建築費用(固定資産に計上されている金額)は約10億円だそうです。

C-2街区には、現在日本テレコムの通信センターがあります。もともとは、国際デジタル通信(トヨタ、伊藤忠などが出資した国際電話版の新電電)の国際通信センターとして平成元年5月に完成しましたが、同社が1999年に英系通信会社Cable & Wirelessに買収されC&W IDCに、さらに同社が2004年にソフトバンクに買収され、日本テレコムIDCに、そして2005年には日本テレコムに吸収され、最終的に日本テレコムの一部になったという数奇な運命を辿りました。外部には国際デジタル通信時代からの"IDC"が掲げられているため、「なんで大塚家具がこんなところに」と思う人もいるらしいです(実話)。

C-1街区とC-2街区の特徴は、ヨコハマポートサイド地区地区計画の対象となっていないこと。ポートサイドの一部でありながら、全体の地区計画には含まれていないという不思議な状態になっています。このため、高さ制限なども明確になっていません。

by nabeaure | 2005-10-13 00:04 | ポートサイド
<< C街区(その2) アート縁日 >>